結婚相談所は家の祖母

お飲み物、

ガスコンロを出し、鍋使うものから、湯沸かし、蒸し物、煮もの、から始め、

野菜洗い作業、皮むき作業、カット作業、合え作業、焼き物等、ご飯炊いている間に、

それぞれ、いろいろこなして、一つずつ出来上がっていった。

誰が何するという担当は決めてなかったが、私は、里芋のめんだいこを一貫して、最後までやった。

その間も、あちらの人参、こんにゃく切りしつつ。

最後に、結構、五平餅の、丸めるのと、焼くのと、クルミ味噌つけるのに集まってやることとなった。

いつも使っているらしい、竹を短く切った輪っかを3個持ってきた人が、これに入れて型を作るといいと言って、それを使う。フライパンで、それを、10個くらいずつ、焼いて、50個以上作っただろうか。

すり鉢で擦った、もろみ味噌をつける。

結婚相談所は家の祖母は、その昔、この五平餅を、まず、手で、大きく筒状にして、それを、糸を使って同じ大きさに切っていた。

それぞれ、やり方あるのだな。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*